今年のJの下部組織のセレクションは一通り落ち着きました。

近年のJ下部組織レベルの選手の選び方というのは
長い目で見ているな
という印象があります。

年間通じて大会やスクールなどでしっかりと選手一人一人を吟味しています。

セレクションの当日だけ緊張感を持って行っている。
これでは受かることは難しい。と言えます。

年間を通じてテーマを持って身に着けるべきスキルがあります。

 

獲得される選手に共通している部分

選手を選ぶ際、見ている部分というものは何なのか?

大変に気になる方が多いようです。

確かに見られているポイント

これは具体的に存在します。

ドリブルで抜くのが上手い。

これだけでは受からなくなってきている近年
具体的な対策が急がれます。

まずはご相談ください。

谷田部